この秘密を知ったら、誰でもモデルになれるかもしれない!

私は、子どもの頃から身長が高かったため、担任の先生や家族に薦められ、モデルの世界に飛び込みました。

それまで「スタイルいいね」って言われ続けてきましたので、モデルなりたての頃は、自分の体型にはそれなりに自信がありました。
私より身長が低いトップモデルもいましたから。


でも、ショーに出るプロモデル達の体型を初めて間近で見たとき、そんな自信など粉々に打ち砕かれました。
あのときのショックは一生忘れられません。

うちのトップモデルのボディといったら・・・それは凄いカラダでした。
大袈裟な話ではなく、ウエストが木の枝のような細さでした。

「スレンダーボディって、こんなカラダのことを言うんだ。」

この仕事を続けていく自信がなくなり、アパートに数日閉じこもっていたことが昨日のことのように思い出されます。
そのくらいのショックを受けました。


自分のグラビアアイドルのようなムチムチしたカラダが恥ずかしいやら、情けないやらで、ホント、あの頃はふさぎ込んでいました。


しかし、同時にこの頃から、私はある疑問を抱くようになっていました。

先輩モデルの衣装替えの手伝いをしたあと、ショーがはねてみんなで食事に行く機会があったのですが、先輩方の食べること、食べること!
細いボディ以上にその 圧倒的な食欲 に驚かされました。


モデルは激務ですし、ストレスとの闘いですから、みんな詰め込むように食べます。
本当にこっちが唖然とするくらい食べるんです。
分かりやすく言うと、まるで青虫のように、ほとんど食べっ放しの状態です。


モデルに大食漢が多いとは、噂で聞いていました。
でも、それはウソだと思っていました。

だって、あれだけ食事を控えていた私たちでさえムチムチしていたのに、先輩方と来たらあれだけ食べて、飲んで、それでいてスレンダーなのです。

モデルって、やっぱ体質なのかな・・・
生まれつき、やせやすいカラダなのだろうか・・・
そう考えると、またまた憂鬱になってしまう毎日が過ぎていくのでした。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。